□  2018.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

憐

  • Author:憐
  • 関西人です
水槽
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
覆水盆にかえらず
自分は古い建物や寺院が好きです。特に理由は…あ、「炎ミラ」の影響か!?…そんな冗談はさて置き。

奈良の法隆寺に落書きした調子に乗ったガキ、今すぐ名乗り出て謝りやがれと思う次第であります。きっと修学旅行とかの学生の仕業だと思うんですよね。「みんな大スキ」なんて子供の言い方でしょう。あーゆー時ってバカみたいにテンション上がってるし。調子こいて自慢したかったんでしょうよ。
京都や奈良だけじゃない、日本の至る所に文化財があります。それは今までの日本人が紡いできた歴史です。聖徳太子や紫式部や源義経や上杉謙信や土方歳三が教科書の中だけで無く実際に生きていて感情を持って自分の道をひらすらに走った、という証なのだと思うのですよ。歴史上の有名な人物だけじゃない、普通の市井の人々も。だって、「大阪城を作ったのは豊臣秀吉じゃない、大工さんだ」ってギャグ(?)がありますが正にその通りだと思うのです(てか、コレって誰が言い出したんでしょうかね?)。法隆寺だって清水寺だって二条城だって興福寺だって東大寺だって東本願寺だって西本願寺だって普通の人の手で造られた。

それを守るのは日本人としてその昔の人々の子孫として当然だと思うのです。当時の技術であんなに素晴らしい物を造る事が出来た、というだけでもすごい事なのに。何だったっけ…日本だったか外国だったか忘れてしまいましたが、もう今の技術を用いてすら造れない建物もあります。壊れてしまったら、もう2度と元には戻せない。同じ物はもう造れない。
それをあんなアホみたいな落書きで汚されるなんて自分には赦し難いのです。歴史オタクだと思われても構いません。実際そうだし。
てか、結局教育に行き着くのだと思います。ゆとり教育の成果がコレかよ。想像力の欠如なのではないでしょうか。自分がこうしたらどうなるか、という考えが出来ない。ほんの少しですが教育に携わろうとしてた者として非常に情けないです。

まだまだ見た事の無い建物や寺院もたくさんあります。死ぬまでに日本の物ぐらいは制覇したいなぁ。
スポンサーサイト
2006.04.20(Thu)  新聞記事よりCOMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
コメント

むかつくね、あれは。
落書きならチラシの裏にでもしろよと言いたい。
実際に書いてるのを見てたら、自分と燐でボコにするんだろうなぁと思うネ。

建造物、特に木造建築はいいね。
昔の人の知恵の結晶。
法隆寺の柱の話(正面に当たる南側から見ると、柱の目が粗い。これは、見た目じゃなくて木の本来生えていた方向にあわせて柱にしているから。そうすると風雨に強い柱になる)とか、すごいと思うのよね。
クギを使ってないとか、色々すっげーって思うポイントがある。
何より、長い間たくさんの人が歩いてツルツルになった床とか、木の匂い、建物の中の空気が好きだな。
それを維持するために、どれくらいの人の手がかかっているんだろう、そういうことを考えたら、落書きとか出来ないだろうに。
それを考えられないから、落書きとかするんだろうな・・・。
しょーてぃ 2006.04.24(月) 10:31 URL [編集]


ホンマな。全然知らん子供を叱れる自分だから余裕でボコるね。んで正座させて説教3時間だ!w

あぁいう建物は空気が違うよね。きっと今までの時間がそうさせてるんだろうなって思うよ。
人間がいつか滅びても、それは人間の自業自得だから滅びちゃっても仕方ないなって思うけれどあぁいう物は残ると思う。残れば良いと思う。
 2006.04.24(月) 20:49 URL [編集]


木は製材後に、どんどん強度が上がります。
そして600年かけて伐採時の強度になるのです。
法隆寺が約1400年も持っているのは、ひとえに木の強度と、それを守ろうとする人の心があるからです。

上記の落書きは、若いという理由で許される事ではないですね。
サグラダファミリアの日本語の落書きを見たとき、同じ事を思いました・・・・・
ケイ 2006.04.26(水) 22:33 URL [編集]


そうなんだ…初めて知りましたよ。
意外とタメになるブログだなぁ(勘違い)。
 2006.04.30(日) 02:27 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。