FC2ブログ
□  2018.12 □  11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
プロフィール

憐

  • Author:憐
  • 関西人です
水槽
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
大天使は 微笑み 踊る
先日、Y嬢とMお姉さんとで神戸に行って参りました。理由は…「笑う大天使(ミカエル)」の映画を観に行く為です。「笑う大天使」…ご存知の方はいらっしゃるでしょうか?川原泉という漫画家さん原作の少女漫画です。かなり昔の作品なので正直「何で今更…?」感は拭えないワケですが、大好きな漫画ですので喜び期待しつつ観に行きました。感想は追記に入れておきますのでネタバレOKな方はどうぞ。
ちなみに、「笑う大天使」は現在入手可能なのは文庫版か古本屋ですね。昔の漫画も知っている漫画読みーの方ならご存知かと思います。家に帰ったらお母さんかお姉さんに聞いてくれ。
あ、一言だけ。…ツッコミ所満載でした!

で、映画を観てからお腹が空いたのでアルバータ・アルバータという地元系列のイタリアンのお店へ。美味しいパスタが食べたいな~と入ったらば、パンのバイキングをしているとの事!こりゃ~楽しみだねと入ったは良いのですが…パンも微妙だったらパスタも微妙でした…。地元の店は美味しいと評判なのに…。パンはいろんな種類ありましたが、かぼちゃのかけらがそのまま生地に練り込んであるという何だか手抜き感満載でした。どうせなら茹でて潰してペースト状になった物を生地に練りこんで欲しかった!きっとその方が美味しいだろうに。かけらをそのまま入れる方がきっと手間がかからないんでしょうね。人も結構入っていて忙しいみたいだし。
あぁ…美味しいパスタが食べたい…。

そーいや、この日はY嬢の服装が白基調でした。集合した瞬間、
自分「そんな白い服着てたって…騙されないんだからー!」
Y嬢「騙したんねん」
…ナチュラルに騙す宣言をされてしまいましたよ…恐ろしい子!(白目)

映画の後には青少年科学館というプラネタリウムやリニアモーターカーや科学を利用した展示(音が響かない部屋とか平衡感覚を狂わすような傾いた部屋とか)がある施設に行こうと言っていましたが、その前にMお姉さんが行きたいトコロがあるとの事で神戸のマルイへ。自分達が大好きなあのアクセサリーブランドが入っているのです。
そこで陥れたり陥れられたりしつつ、店員さんも巻き込んでワイワイやりながら各々商品をゲット致しました。あぁ、やっぱり物欲には勝てません…。
で、気が付くと既に日が傾いていました…。何時間おるねん!そら立ちっぱなしで脚痛くなってるわ!!
なので青少年科学館はこの日は諦めて、自分がちょっと気になる商品が置いてあるLOFTへ。…ゲルマニウム岩盤浴クッション!!どうしようすげー欲しい!岩盤浴なんてそうは行けませんからね。これで自宅でも岩盤浴の効果が!…とは思ったのですが、既にアクセで財布の中身が乏しかったのと、ネットでも探してから考えようかと思いこの日は購入せずです。でも欲しいな。

さすがに脚痛くて疲れたので座りたくなり、パティスリー・トゥートゥースへ。時間が遅かったせいかすぐに入れましたよ。
こないだのアールグレイが忘れられなかったのでアールグレイとシトラスのタルトを注文しました。柑橘系好きです。でもコレ…「紅茶王子」に載ってた「レモンカード(何だろう…レモンのジャムと言えば分かり易いでしょうかね)」の味がした…買った事は無い(輸入食品を扱っているようなスーパーにしか売ってないのです。しかも結構高い)のですが、作った事はあるのです。それと同じ味がしたよ。タルトその物は美味しかったですけどね!そこでもまだまだ話し込み、結局神戸を出たのは21時過ぎだったかな?解散したのは23時頃だったような…。休日のしかもお出かけしてる時って何でこんなに時間が過ぎるのが速いんでしょうね?
「女」3人で「姦しい」とはよく言ったモノですよ。


20060812003407.jpg


20060812003428.jpg

「笑う大天使」について。

まずイキナリ最初からツッコミました。「何で電車やねん」…聖ミカエル学園は湖のようなトコロに浮かぶ島の上に建っているという設定になっていたのです。そこへの交通手段は列車しか無いようです。この列車がまたMお姉さんが思わず「…ハリー・ポッター?」と呟いてしまうぐらい某少年魔法使いが通っている学校直通の列車にそっくりで…。
Y嬢の話ではどうやら、この監督さんハリウッド映画がかなりお好きなようで。随所随所にハリウッド映画のパクリでは?と思わせるシーンがありましたよ。

漫画の単行本3冊(文庫版だと2冊ですが)分の内容を2時間に纏めなければならないのは分かりますが、それにしたって詰め込み過ぎ。
自分は”『-かの如く常識では計り知れないハデな色柄の衣服を着用するに及ぶとゆー行為…それ自体が何よりも自らイタリア人である事を雄弁に物語っています。イタリア人に間違いありません!直感です!』-史緒さんの「直感」は普通「偏見」と呼ばれている-”のくだりを非常に楽しみにしていたのに!!これが無いなんて「笑う大天使」観に行った意味が半分ぐらい無いよ!(言い切った)
何より史緒さん関西弁やし!関西人にする意味が分からない。関西人じゃなくても話充分繋がるやん!
3人が超能力を持つキッカケになった出来事だっておかしいよ!焚き火の火と消そうとした水と土で化学反応起こしたって…どんだけ危ない土と水やねん!飲めるか!

お嬢様達の描写もイマイチでした。日本随一のお嬢様学校という謳い文句なのだからチョイ役の子達にももっとお嬢様らしい動きを身に付けて欲しかったです。ただのちょっと変わった制服着た女子高生にしか見えなかったよ。だから、3年生のお姉様方を送る会でも殆どの子がキャバ嬢にしか見えませんでした。本当の良いトコのお嬢様はそんな安っぽいドレスは着ないしそんなに肌は露出させないと思うのですが…自分のお嬢様観、間違ってる?

あ、撮影に使われてたハウステンボスが非常に美しかったです。また行きたくなりました。中学の修学旅行以来だな。唯一の誉め所かもしれません。
スポンサーサイト
2006.08.02(Wed)  日常COMMENT(0)TRACKBACK(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。