FC2ブログ
□  2018.09 □  08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
プロフィール

憐

  • Author:憐
  • 関西人です
水槽
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
コープス・ブライド
先日、同僚の子に有無を言わさず「仕事終わった後空けといてな」と連れられて観て来ました。
ネタバレ含みますので、続き行かれる方は注意して下さい。



開始から「え?コレってミュージカル映画やっけ?」と思わす程随所随所でキャラ達が歌います。特に骸骨達が実に浮かれ騒いで歌ってます。極端に色彩の少ない世界は対する死者の世界との対比を更に鮮やかに見せる為の演出でもあるのでしょう。陰気な人達の住む村って設定らしいんだけど。死人達の世界の方が明るくて陽気だなんて、やっぱりティム・バートン流の皮肉なのかな。
自分はもう何年も前に「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」を観たのですが、それを思い出させるシーンの多い事。ジャックもビクターも悩んだら取り敢えず林をウロウロします。ゼロ君もスクラップスもすごく可愛い。どっちも幽霊と骨だけど。サリーもコープス・ブライド(エミリー)も腕落とすし。物知りのフィンケルスタイン博士とグートネクト長老いるし。てか、キャラの動きそれ自体がもう懐かしささえ感じさせます。あのカタカタした動きが。ストップモーション・アニメは12時間の作業でたった1秒か2秒分の映像しか撮影出来ないそうで、この映画は1時間半程あったワケだから…製作にかかった時間を思うと本当に気が遠くなります。

話自体は自分でも予想出来る範囲内のモノです。すぐに読めたもん。言ってみればベタです。しかし、ベタはベタで良いモノです。心地良いベタは良いですね安心して観る事が出来ます。
ともすれば翳みがちな脇役さえ印象を与えるティム・バートンは素敵。ビクターの両親は父親が細くてひょろりとしてるけど母親は馬車に入るのに苦労する程丸くデカイのに対し、ビクトリアの両親は父親が丸くて母親が細くて背が高いという対比がちょこっとおかしかったです。てか、脇役でもどこかに誰と分かる特徴があります。
何時の間にかコープス・ブライドの成仏を応援しちゃってたし。早く彼女を殺した男に気付けよ!
そのコープス・ブライドの成仏するシーンが1番印象的だったのですが、その前の「結婚を奪われた悲しみを誰よりも知っている私が今度は別の女の子の結婚を奪おうとしている」という台詞(こんな感じだったように思います)が悲しかったです。結局良い子なんだよなぁ…何と言うか、憎めない。どんなにビクターに愛されようと頑張っても、彼女は既に死人。結ばれるハズは無いのです。まぁ元々彼女の勘違いだしなぁ。更に言えばビクターのミスが原因だったりするのですが、墓地でもないのに死体が埋まってるなんて普通は思わないし。
ベールから始まって全身が蝶になって天に召されるシーンなのですが、そーいや蝶って人の霊が死後に化した姿だって言い伝えがあったりなかったりするんだっけーなんて事を考えたりしてました。
それと、映画のポスターを見た時から思ってたのですが、コープス・ブライドが着てるウェディングドレス…太腿の辺りからスリットが入っていて脚が見えるのです(片脚は骨だけど)。そーゆーデザインだと言ってしまえばそれまでなんでしょうけど…レナとかぶってるよ…

元々「ナイトメア~」が好きなのでコープス・ブライドも勿論気に入りました。ティム・バートン万歳。パンフでも散々言われてるけど、「ナイトメア~」の時は監督はしてなかったらしい。でも「ナイトメア~」も「コープス・ブライド」もティム節炸裂でしたよ。
スポンサーサイト
2005.11.02(Wed)  映画COMMENT(0)TRACKBACK(1)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
コープス・ブライド。
骨まで愛してくれる?ティム・バートンの「コープス・ブライド 」を見に行ってきました。めちゃんこ楽しみにしていたの。ティムの久しぶりのアニメーション・ムービー。パペットを使って、人形にお芝居をさせるというもの。とっても気の長い作業。「チャーリーとチョコ
耳の中には星の砂の忘れ物 2005.11.04(Fri) 23:41


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)


TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。